「なぜ赤ちゃんは布団を蹴るの?風邪ひかない?」→大丈夫、蹴る理由は暑いから

スポンサード リンク

Pocket

「うちの赤ちゃん、なぜ布団を蹴るのだろう?」
「赤ちゃんが布団を蹴るほど寝相がわるいんだけど、病気のサインかな…」

布団をかけても、すぐ蹴飛ばす赤ちゃん。
寝相がわるいというか…一体どうすればいいのでしょうか。

今回は布団を蹴る赤ちゃんについて紹介します。

  1. なぜ赤ちゃんは布団を蹴るのか。
  2. 布団を蹴って風邪ひかない?
  3. 布団を蹴ったらどうするのが正解?

では、さっそくみてみましょう。

スポンサード リンク

なぜ赤ちゃんは布団を蹴るのか。

一言で言うと暑いからです。

そもそも赤ちゃんは大人と比べて、新陳代謝が活発で体温が高いのです。
実は大人が快適な室温だと思っても、赤ちゃんにとっては暑くて仕方ないんですね。

また、寝相が悪いのは寝具との相性、赤ちゃんの性格的なものがあるでしょうが、
とにかく動きまくります。そして当然、動くと体温は上昇します。

このように赤ちゃんの睡眠環境は、大人以上に暑い!
だから赤ちゃんは体温調節のため布団を蹴るのです。

布団を蹴って風邪ひかない?

「それだと寝冷えして、風邪をひかない?」
と思われるかもしれませんが、ご安心ください。

そもそも赤ちゃんの風邪のほとんどはウイルス性の風邪。
体温低下の風邪ではないのです。

もちろん、まれに体温低下が原因となることもあります。
しかしそれほど寒いなら、そもそも布団を蹴飛ばしはしないのです。

むしろ、暑さのため汗を沢山かくほうが危険だったりします。
(大量の汗で体が冷えるため)

布団を蹴ったらどうするのが正解?

布団を蹴ったら「暑い!」のサインです。

ということで、薄い布団にしてあげるといいでしょう。
タオルケットに変えるのもいいですね。

あとは様子をみて、寒そうだったら布団を元に戻してあげましょう。
この辺は観察して調節してあげましょうね。

はい、いかがでしたでしょう。
春夏秋冬にかかわらず、赤ちゃんは暑がって布団を蹴ります。
そのためには良い睡眠環境を作ることが大切ですよ。

以上、「なぜ赤ちゃんは布団を蹴るの?風邪ひかない?」→大丈夫、蹴る理由は暑いからでした。

Pocket

スポンサード リンク