まずは定番な6種類の青魚を覚えよう、中性脂肪で悩む方にオススメ青魚

スポンサード リンク

Pocket

中性脂肪に青魚が良いって聞いたんだけど、どんな種類があるの?」

「健康のためにも青魚を食べたい!」

日本人に馴染み深いお魚。
しかし『青魚』と言われると、どんな種類があるかわからないものです。

そこで今回は食卓でよく目にする、青魚の種類を紹介します。
スーパーやお魚屋さんで探す際の参考にしてみてくださいね。

今回紹介する青魚

  1. アジ
  2. サバ
  3. イワシ
  4. カツオ
  5. マグロ
  6. サンマ

スポンサード リンク

まずは定番な6種類の青魚を覚えよう

マグロ

お寿司や刺身の定番のマグロ

栄養に優れ、健康志向の方からの支持があります。
特に本物のトロ(人工トロではありませんよ)はDHAが非常に多く含まれています。
なので、頭を良く使う方向けのお魚でもあるんですね。

年中出回っていますが、7月が出回りピークです。

サバ

こちらもおなじみの青魚です。

水煮や味噌煮の缶詰が有名でしょう。
また、サバの塩焼きはご飯のおかずとしても最高ですよね。

サバは秋サバが有名ですが、11~12月も脂が乗っておいしいですよ。。

サンマ

サンマの塩焼き。

秋の味覚といえばサンマを思い出す方も多いでしょう。
個人的にはサンマのお刺身が大好きです!

胸焼けしちゃうほど脂が乗ったサンマも青魚の代表です。

サンマの旬は秋です。9月~10月ですね。

イワシ

青魚といえばイワシを思い浮かべる方が多いでしょう。
安くて美味しいイワシは青魚初心者の定番です。

食べ方は色々ありますが、私はお刺身が好きですね!
脂が乗ったイワシは、とろけて最高です!

そんなイワシは5月~7月が旬ですね。

アジ

もし今後、アジの開き定食をみかけたら注文しておきましょう。
アジも青魚なんです。

身をほぐして、混ぜごはんにすると家族も大喜びでしょう。
もちろん中性脂肪にお悩みの方にもオススメです。

ちなみにアジは5月~7月が旬です。

カツオ

カツオも忘れてはいけない青魚です。
たたき、お刺身、かつおぶしなど食卓で大活躍してくれます。

カツオといえば、初ガツオと呼ばれる初春のイメージがありますよね。
しかし通の間では『下りガツオ』と呼ばれる、秋のカツオが人気なのです。
脂が乗って栄養も満点になるんですよ。

これら以外にも青魚の種類はありますが、あまり多いと覚えられないでしょう。
今回紹介した6つくらいは覚えておきましょうね。

アサイカサマ(朝、イカサマ)の語呂で覚えましょう~。
以上、まずは定番な6種類の青魚を覚えよう、中性脂肪で悩む方にオススメでした。

Pocket

スポンサード リンク