夏のトラブル!子供に(乳児も)出来やすい、あせもケア対策

スポンサード リンク

Pocket

「あせもが出来ちゃってかゆいんだよねー…」
「子供のあせもを治したいんだけど、どうケアすればいいの?」

という方のための、あせもケア方法です。
シンプルに治せるので難しく考えず治していきましょう!

スポンサード リンク

覚えておきたいあせもケアの2つの重要ポイント

体温が高くなり汗をかき、汗によって肌の湿度が高いままでいるとあせもになります

ということで、
体温(主にあせも部分)を下げる
・汗を小まめに拭き、湿度を取り除き、肌をさらさら状態にする

この2つがあせもケアのポイントになります。

「エアコンがもったいないし、汗だくでいいや」
「(子供部屋で)電気代が高いからエアコンは消しなさい!」

などとやっていると、あせもの原因になるわけです。
しっかり汗をふき取って、体温があがり過ぎない環境を作るよう改善しましょうね。

さて、次はあせもの具体的なケアです。
軽度と重度の2パターンにわかれます。

軽度のあせもの場合のケア(治し方)

赤くブツブツとあり、かゆいわけではない。
けど、あせも部分を触ると少しジカジカする。

この場合は軽度のあせもです。

ケア方法ですが濡れたタオルであせもを拭いてあげましょう。
そして濡れタオルで汗をながしたら、乾いたタオルでやさしく拭きとります。

とにかく、患部を冷やしてさらさら状態にしてあげるのです。

これを一日数回くりかえすだけであせもは治ります

重度のあせもの場合のケア(治し方)

皮膚の広範囲が赤くなり、痛くてかゆくてたまらない。

この場合は重度のあせもです。

ケア方法は軽度のケアに加えて塗り薬が有効です。
ステロイドを含む塗り薬を患部にぬってあげましょう。

テラコートリル軟膏a
ビタトレール ケアクリーム
といった塗り薬が有名でしょうか。

そして、かゆくてもかかないようにしてください。
かきすぎて、引っかき傷ができる原因になりますからね。

変な民間治療に惑わされないこと

さて、私の家では「あせも部分を緑茶で拭くといい」という習慣があったのですが、
こういうのは止めたほうがいいです。

でまかせが多く、場合によっては害にもなりえます。
素直にステロイド薬で治療してあげましょうね。

以上、夏のトラブル!子供に(乳児も)出来やすい、あせもケア対策でした。

Pocket

スポンサード リンク