遅刻癖の方に試して欲しい、遅刻しなくなる方法

スポンサード リンク

Pocket

「やばい!今日も待ち合わせに遅刻しちゃうかも…」
「いやー、遅れてごめんごめん」「(遅刻癖かよ、この人いつも遅刻するんだよな)」

なかなか時間通りにこない人。
遅刻することがになっているんでしょうね。

今回は遅刻したくない、遅刻させたくない人向けの方法を紹介します。

  1. 遅刻しなくなる(させなくする)方法
  2. なぜこの方法で遅刻癖が変わるのか

以上、2つに分けて紹介します。では、さっそくいってみましょう~。

スポンサード リンク

遅刻しなくなる(させなくする)方法

遅刻を治す方法。
それは待ち時間を細かくすることです。

もし『10時集合』であれば、遅刻する人(または自分)に対して
9時59分集合』と伝えてください。

『14時半』であれば『14時29分』としてください。

とにかく集合時間を1分前などにして、細かくしましょう

なんとこれだけで、遅刻率がグンと改善されます。
今まで待たされていた方はお試しくださいね。

なぜこの方法で遅刻癖が変わるのか

これは『タイムサブミッシブ』という心理テクニックを使った方法なんです。

待ち合わせ時間といえば、12時、17時半、などちょうどの時間が多いですよね。
遅刻する人はこの時間をアバウトに考えています。

ここで9時59分という、中途半端で細かい時間を指定します。
するとアバウトな感覚では捉えきれず、時間を何度も確認しなくてはなりません。

結果的に、集合時間を普段より意識するようになるんですね。

はい以上、遅刻癖の方に試して欲しい、遅刻しなくなる方法でした。
もちろん100%ではありませんが、お悩みの方はお試しくださいね。

Pocket

スポンサード リンク