ハイスコアガール コミック1巻のネタばれストーリーその2

スポンサード リンク

Pocket

前回記事はこちら。

ハイスコアガール コミック1巻のネタばれストーリーその1

では、引き続きネタばれストーリーです。

ハイスコアガール コミック1巻のネタばれストーリーその2

春が終わり、まだ若干肌寒い6月。
今日は学校でプール掃除を行う日だ。

掃除をしながら自慢のPCエンジンの話をするハルオ
PCエンジンはゲームセンターの移植ゲームの多いハードだ。

それを聞いた大野は突然、ハルオに冷たい水を浴びせる。
案の上ハルオは風邪を引いてしまった。

翌日、家で寝込むハルオ。

するとなんと大野が見舞いに来てくれた。

プリントやテストの答案を渡し終えると、大野はもじもじし始めた。
どうやらゲームセンターの移植作が沢山つまったPCエンジンが気になるみたいだ。

「お金もちなのに、ゲーム持っていないの?」
という問いに対して、首を縦にふる大野。

どうやらゲームは買ってもらえないようだった。
子供として遊びたい真っ盛りなのに、それを許してもらえない家庭環境。
大野も日々の鬱憤をゲームセンターで発散していたのだろうか。

そんな大野を気遣って自慢のゲームをすすめるハルオ。

R-TYPE
ダライアス
ワンダーモモ
PC原人
源平討魔伝

どれも目を輝かせ、嬉しそうにプレイする大野。

翌日風邪気味でプールを見学するハルオに、またも大野がわざと水を浴びせる。
もう一回お見舞いついでに、PCエンジンをやらせてほしいみたいだった。

学校は明日から夏休み。
下校途中でスト2が10円のゲームセンターの情報を耳にするハルオ。
そんな格安のゲームセンター、都市伝説ではないだろうか。

場所を聞き、自転車で向かおうとするハルオに大野もついてきた。

ゲームセンターに到着した二人。
そのゲームセンターは確かに10円だったがどれも一昔前のゲームばかりだった。
例の格闘ゲームもスト2ではなく初代ストリートファイターだった。

しかたがないので、スト1を大野と対戦プレイするハルオ。

対戦が終わり、他のゲームを見てみるがどれも古いゲームばかりだ。

平安京エイリアン
クレイジークライマー
エレベーターアクション

しかたがないので店を出る二人。
ポケットに手を入れると、自転車の鍵がない。

ハルオが戻ろうとすると、さっきのゲームセンターにはシャッターがおりていた。

近所の人によると、そこは経営者が借金のため、
命を絶って閉店したゲームセンターだったのだという。

今までみていた光景はなんだったのだろう。

自転車の鍵がないので、仕方なく歩いて帰る二人。
日もすっかり暮れ、大野の執事が心配になって車で迎えに来てくれた。

厳しい家に帰りたがらない大野。
ハルオはそんな彼女に気を遣って言葉をかけた。

「つらくなったらいつでも逃げて来い。
また変なゲームセンターに連れて行ってやるから。」

小学校最後の夏休み。
ハルオは大野を含めたクラスの友達と遊園地に来ていた。

どのアトラクションにも気が乗らないハルオ。
近くのゲームコーナーに足を向けると、やっぱり大野もきていた。

一緒にファイナルファイトをすることに。
今日の大野は協力プレイをしてくれるみたいだ。

すべての面をクリアする頃には、すっかり夕方になっていた。
他のみんなも、とっくに帰ってしまったようだ。

せっかく来たのだからと大野とハルオはアトラクションを楽しむ。
遊びつかれた二人は気がつくと、帰りの電車でぐっすり眠っていた。

二学期の始業式。
大野は両親の都合で転校することになった。

突然の知らせにハルオは胸を痛める。

「目の敵のはずだったのに。
どうして、こんなにもショックを受けているのだろう。」

自分がどういう気持ちなのか良くわからないハルオ。

転校当日。
ハルオは結局何もせず、もやもやした状態で大野の転校を見送った。

いつものゲームセンターでスト2をするハルオ。
すると画面のガイルがハルオに話しかけてきた。

「お前の気持ちはそれだけか?
これいじょう見栄を張っていると後悔するぜ
…急げ、時間がないぞ。」

ガイルだけではない。
ゲームセンター中のキャラクターがハルオに応援メッセージを送っているようだった。

自分の気持ちに気付いたハルオは、急いで大野のいる空港へと向かった。

なんとか間に合ったハルオは、大野に別れの言葉を述べる。
大野も無言ながら別れを惜しんでいるようだ。

そして最後に、ハルオは都市伝説のゲームセンターで獲得した
ちいさな指輪を大野に差し出す。

すると大野はハルオに抱きつき涙をこぼす。
大野の本心もハルオと別れたくないようだった。

家族に連れられる大野は、いそいで指輪を受け取る。
その表情はいつもの無表情ではなく、はじめてみせる笑顔だった。

離陸する飛行機を見送るハルオ。
また会える日はくるのだろうか。

以上で 一巻ストーリー終わりです。

このコミック。

ストーリーだけでは伝わらない懐かしさがありますので、

気になったら漫画を買ってみてくださいね。

関連記事

ハイスコアガール コミック1巻のネタばれストーリーその1

■ハイスコアガール コミック1巻のネタばれストーリーその2

ハイスコアガール コミック2巻のネタばれストーリー

ハイスコアガール コミック3巻のネタばれストーリー

ハイスコアガール コミック4巻のネタばれストーリー

ハイスコアガール コミック5巻のネタばれストーリー

Pocket

スポンサード リンク