ハイスコアガール コミック3巻のネタばれストーリー

スポンサード リンク

Pocket

ついに大野と再会したハルオ。

ちょっとした展開がありますよー。

ハイスコアガール コミック3巻のネタばれストーリー

小春はスーパーファミコンとファイナルファイトを購入した。
「これでハルオと協力プレイが出来る」
そう思うと胸がちょっとウキウキし始める。

さっそくハルオにファイナルファイトを買ったことを告げる。
すると「それじゃ、貸してよ」というハルオ。

「一緒にプレイがしたいのに…」
そう思っている小春の眼中に大野の姿が入る。

「そういえばハルオと大野の関係っていったい何なのだろう。」
そのことを考えるとモヤモヤしてくる。

当のハルオは大野のことを「目の上のタンコブ」と思っているようだ。

ところで、小春の買ったファイナルファイト一人用のようだ。
己の無知を呪う、ショートカットの片思い少女だった。

中学最大のイベント、修学旅行。
停車中の新幹線でお使いを頼まれるハルオ。

発車の時間が迫るがなかなかハルオが帰ってこない。

心配になった小春はハルオを探しにいく。

ジュースを大量に買ったハルオだったが、駅のホームで落としてしまう。

二人でジュースを拾っていると新幹線が発車してしまった。
途方に暮れる小春だったが、ハルオは楽観的だ。

ハルオにつれられて地元のゲームをプレイする二人。
純粋にゲームを楽しむハルオに小春はどんどん心を惹かれていく。

二人だけの京都観光はあっというまに過ぎていった。

皆の待つホテルに到着した二人。
しかし、小春はもう少し二人でいたいみたいだった。

修学旅行の自主見学。
その日は大きなスト2大会が重なっていた。

もちろん参加するハルオ。
会場には大野も来ていた。

順当に勝ち進む二人。
そして決勝戦はハルオのガイル対大野のザンギエフの試合となった。

長年の特訓の成果をぶつけるハルオ。
大野も負けてはいない。

一勝一敗で迎えた最終ラウンド。

ザンギエフのスクリューを封じたハルオのガイルが最後に勝利ポーズを決めた。
優勝のトロフィーに喜ぶハルオ。

しかし、衝撃の事実が発覚する。
大野の台はパンチボタンが効かない状態だった。

真剣勝負と思っていたのに、おもいっきりハンデを付けられていたハルオ。
激しい怒りを大野にぶつける。

とっくみ合いの喧嘩のさなか、ハルオは大野の胸元の指輪に気づく。
「どうしてこんなものを未だに…」

その後、喧嘩の傷をお風呂で流しホテルへ戻っていった。

こうして中学生ゲーマーにとって最後の一大イベントが終わった。

中学三年の夏。
ハルオはゲームセンターに来ていた大野を見かける。
大野もちょくちょくゲームセンターに来ているみたいだ。

中学最後の夏休みも二人はゲームを満喫して過ごした。

学校は夏休みが終わると受験モードになる。
大野は一番の進学校にいくようだ。
もちろんゲームだけしか脳の無いハルオには縁の無い場所だ。

しかし、ハルオは自分の気持ちに改めて気づく。
「大野ともっと一緒にいたい」

猛暑も収まり、一人の少年が猛勉強をしはじめた8月の終わりだった。

ハルオが進学校を志望することを告げると先生友達、そして小春も応援してくれた。
大好きなゲームも押入れにしまい、本気を出すハルオ。
猛勉強の数ヶ月はあっという間だった。

受験当日、大野の執事がハルオを迎えてくれた。
そして執事は車外でハルオに
「厳しい家庭環境の中、ハルオさんは大野の心の支えになってくれている」と教えてくれた。

驚くハルオ。

車内に入ると大野が後部座席に座っていた。
隣に座るハルオ。

そして、
「これからのゲームの進化を大野と一緒に見て行きたい、だから同じ高校を受験するんだ」
と大野に告げる。

大野は顔を赤らめて、ハルオの手をぎゅっと握った。
二人は試験場に到着し、いよいよ本番の時が来た。

問題を解きながらハルオはあることを考える
「もし受かったら、大野に俺の正直な気持ちを…」

合格発表の日。
猛勉強を続けすべてを出し切ったハルオ。
ハルオの受験番号、1942合格掲示板には無かった。

以上で3巻のネタばれストーリ終わりです。

関連記事

ハイスコアガール コミック1巻のネタばれストーリーその1

ハイスコアガール コミック1巻のネタばれストーリーその2

ハイスコアガール コミック2巻のネタばれストーリー

■ハイスコアガール コミック3巻のネタばれストーリー

ハイスコアガール コミック4巻のネタばれストーリー

ハイスコアガール コミック5巻のネタばれストーリー

Pocket

スポンサード リンク