主な葉生姜の食べ方はコチラ、甘酢漬けや炊き込みご飯など

スポンサード リンク

Pocket

夏になるとスーパーでよくみかける葉生姜。

昔は甘酢漬けなどが一般的でしたが、食べ方はいろいろとあるんですよ。

葉生姜の食べ方

今回は葉生姜の食べ方や葉生姜の特徴など紹介します。

スポンサード リンク

主な葉生姜の食べ方はコチラ、甘酢漬けや炊き込みご飯など

葉生姜の食べ方としては、お酢に砂糖を混ぜて作った甘酢に漬ける甘酢漬け、お湯で茹でた葉生姜に豚バラを巻き、軽く塩こしょうをしてフライパンで焼いてそのまま食べたり、

キュウリと一緒に薄切りにして塩麹やごま油、唐辛子と一緒に揉み込み一晩寝かせた漬物や米やだし汁、みりん、酒や塩と生姜を加えて炊いた炊き込みご飯など幅広く使うことができます。
ほかの食べ方としては、天ぷら、ジャムやつくね、パスタやサラダに蜂蜜につけて料理や飲み物に使用するなど色々な食べ方をすることのできる食材なのです。

cookpadさんではさまざまな方の食べ方が有りますので参考になるでしょう。

⇒【coocpad】で葉生姜の食べ方をみてみる

上手な葉生姜の食べ方は夏バテ防止になる!

葉生姜とは、根茎が小さく柔らかいうちに葉が付いたまま取り出した生姜のことです。

主に小生姜と呼ばれる小振りな生姜品種に用いられます。葉生姜は根茎は柔らかく、一般的な生姜と比べて辛みが強くなく、風味が良いため生のままでも食べることができます。

芽の付け根に赤みが強く出ているものが良品とされています。

葉生姜は新生姜や根生姜に比べてショウガオールやジンゲロールなどの成分は低めですが、食欲の落ちる夏場に生で食べることが食べることができ、体を冷やす効果があります。夏の暑さを体の内側から効果的に冷やすことができるため、夏バテの解消に最適な食材です。

キュウリも利尿作用があり体温を下げてくれますので、葉生姜とキュウリの組み合わせは夏バテ防止にはぴったりだったりします。

みなさんの健康ライフの中に、上手に葉生姜の食べ方を姜を取り入れてみてください。

Pocket

スポンサード リンク