基準値表を見ながら覚える、HDLコレステロールが高い(低い)原因

スポンサード リンク

Pocket

HDLコレステロール基準値ってどのくらい?」
「私のHDLコレステロールが高いんだけど、原因は何?」

いわゆる善玉コレステロールと呼ばれるHDLコレステロール
体内の余分なコレステロールを集めて、綺麗にしてくれる役割です。

このHDLコレステロールは低すぎても、高すぎてもいけません。
ということで、今回は以下の三つに分けて紹介します。

  1. HDLコレステロールの基準値(正常値)
  2. HDLコレステロールが高い原因、対処法
  3. HDLコレステロールが低い原因、対処法

それではさっそくHDLコレステロールの基準値(正常値)を見ていきましょう。

スポンサード リンク

HDLコレステロールの基準値(正常値)

~29mg/dL 『D:要治療、要精密検査』
30~39mg/dL 『C:要経過観察、生活改善』
40~119mg/dL 『A:異常なし』
120~mg/dL 『D:要治療、要精密検査』

この40~119mg/dLという範囲が基準になります。

ただし、医療機関によってバラつきがあり、40~85mg/dLとしているところもあります。
あまり深く考えず、健康診断を受けた場所の診断結果を参考にしましょう。

さて、この基準をオーバーしてしまったらどうなるでしょうか。
次はHDLコレステロールが高い原因、対処法です。

HDLコレステロールが高い原因、対処法

基本的に数値が多めだと、血管がクリーンになりやすいので
長生きしやすくなります。

しかし、正常な値を上回って異常な数値が出たときは注意です。

CETP(コレステロールエステル転送たんぱく)欠乏症という病気の可能性があるからです。
これは遺伝的にHDLコレステロールのパワーが貧弱で、パワー不足を数で補うため大量にHDLコレステロールを出すという病気です。

また、肝硬変が原因でHDLコレステロールが高い可能性もあります。

CETP欠乏症、肝硬変のどちらにしても、個人で対処するには難しいです。

お医者さんに相談してみましょう。

ちなみにHDLコレステロールが高い事は、それほど問題ではありません

問題なのは、次のHDLコレステロールが低い場合です。

HDLコレステロールが低い原因、対処法

HDLコレステロールが低い原因は何通りかあります。

まずは肝臓のトラブル
肝硬変肝炎が原因で、HDLコレステロールが低くなっている可能性があります。

また日頃の生活習慣が原因となっている可能性もあります。
喫煙、暴飲暴食、夜食、運動不足などが原因で低くなりますね。

HDLコレステロールが低い時の対処法は、生活習慣を整えることです。

  1. 禁煙は絶対。
  2. 砂糖、脂質、炭水化物の食事をセーブ。
  3. 適度な有酸素運動。

この3つをまず守りましょう。
これだけで、HDLコレステロールを上げる(正常に戻す)ことは十分可能です。

また、人によっては医者や栄養士から食事のアドバイスを受けることがあります。それも忠実に守りましょう。

HDLコレステロールが低いと血管がつまって、動脈硬化につながりますからね。
これを機に、健康体をめざしましょう。

以上、基準値表を見ながら覚える、HDLコレステロールが高い(低い)原因でした。

Pocket

スポンサード リンク