人の振り見て我が振り直せの意味、英語バージョンも紹介

スポンサード リンク

Pocket

人の振り見て我が振り直せという言葉がありますが、最近はあまり使われなくなりました。

ですので日常会話で突然出てくると、意味が思い出せなくなるかもしれません。覚えてしまえばなんてことはありませんので、確認しておきましょう。

今回は人の振り見て我が振り直せの意味や、英語バージョンの言葉も紹介します

スポンサード リンク

人の振り見て我が振り直せの意味は…

人の振り見て我が振り直せの意味は文字を見ればある程度予測できると思います。他人の振る舞いや行いをみて、自分の振る舞いを今一度見なおしてみる、という意味です。ここでの振る舞いというのは、良いことも悪いことも含まれます

他人の素敵な振る舞いをみて、今までの自分を反省して素直に取り入れよう!という時にも使えます。また、他人のダメな振る舞いをみて、自分はこうならないよう反面教師にしよう!という時にも使えます。

他人がいい場合も悪い場合も使えるわけですね。

人の振り見て我が振り直せの英語バージョン(似たような意味の英語の慣用句)

英語にも”人の振り見て我が振り直せ”におなじような意味の慣用句があります。

One man’s fault is another’s lesson
意味としては『ある人の過ちは、他の人の教訓である』といった具合でしょうか。

また、このような慣用句もあります。
one man’s rubbish may be another’s treasure
『ある人のくだらないことやゴミも、他の人にとっては宝物になる』若干ニュアンスはちがいますが似たようなものです。人のくだらない行為や行動も、そこから反面教師として学べば知識教養という宝になる、と解釈することができます。

ちなみに中国にも同じような言葉があります”人を以て鏡と為す“ということばです。他人を自分を映し出す鏡の姿として見て、そこから善行や悪行など気になる部分をみつけて今後の自分の人生に反映させなさい、という感じですね。
はい。以上、
人の振り見て我が振り直せという意味や英語の慣用句などの紹介でした。
参考にしてみてください。

Pocket

スポンサード リンク