日焼けを食事でなんとかしたいならコレ!食べておきたい食品、栄養素

スポンサード リンク

Pocket

「日焼けしたんだけど、どんな食事がいいのかな…」
「日焼けに良い栄養素ってある?」

シミそばかすの原因である紫外線。
日焼けはこの紫外線をたっぷり浴びた証拠なんですね。
このままだと、老化が進行してしまいます。

そこで、今回は日焼けしたときの食事について紹介します。

  1. 日焼けに良い食事、栄養素って?
  2. ビタミンB2、カロテンを含む食事食品
  3. 鉄分、葉酸を含む食事食品

スポンサード リンク

日焼けに良い食事、栄養素って?

日焼けを簡単に考えれば、皮膚が紫外線によってダメージを受けた状態です。
つまり、皮膚の健康や粘膜に良い食べ物を摂取するといいのです。

では皮膚の健康に良い栄養素は何だかわかりますか?

代表的なのは、ビタミンB2、カロテン、鉄分、葉酸です。
これらをまんべんなく、バランスよく食べることが日焼けの食事として最適です。

ビタミンB2、カロテンを含む食事食品

ビタミンB2といえば抗酸化
要は老け防止のような役割を果たします。

ビタミンB2を含む食品はレバー、牛乳、卵、うなぎなどですね。
料理で言えば、レバニラ、玉子焼き、ホットミルク、うな重などがいいでしょう。

カロテンについて知らない方も多いかもしれませんが…
ビタミンB2と一緒で抗酸化の役割があります。

これは緑黄色野菜に多く含まれているんですね。
ブロッコリー、小松菜、にんじん、トマト、にらなどです。

緑黄色野菜といえばジュースで補給する方も多いでしょう。

新発売の緑黄色野菜ジュースをこちらからチェックしてみてください。

楽天で【緑黄色野菜ジュース】をみてみる

鉄分、葉酸を含む食事食品

鉄分は酸素を運んでくれます。
日焼けした所に酸素を運んでもらい、細胞をリニューアルしましょう。

鉄分を含む食品はわかるでしょうか。
先ほど出てきたレバー、ニラ。他にも、ほうれん草、プルーン、あさりに多く含まれています。

また、最近では鉄分ジュースのようなものも出てきてます。
レバーやニラを毎日食べられそうに無いならば、このような商品を上手く活用しましょう。

プルーンの37.5倍!豊潤サジージュース【一番人気!】

葉酸というのはビタミンの仲間です。
新しい細胞をつくるのに必要不可欠な栄養素で、
ぜひ摂取しておきたい栄養素です。

この葉酸という栄養素。
名前の通り、野菜の葉っぱに多く含まれているんですね。
菜の花、モロヘイヤ、芽キャベツに含まれています。

他にもウニ、レバー、焼きのりにも含まれていますね。

モロヘイヤや菜の花を毎日食べられないなら、サプリメントをうまく使うといいでしょう。
サプリなら手軽に摂取できるので、愛用者も多いです。

一日の必要な葉酸ならコレ! ベルタ葉酸サプリ

はい、今回紹介した4種類の栄養だけで全てOKではありませんよ。

上記以外にもいろんな栄養素をとるべきで、
結局はバランスの良い食事が日焼け対処に必要なのです。

ごはん、玉子焼き、お味噌汁、ほうれん草のおひたし、トマトサラダ、サジージュース。
そして食後に葉酸サプリメント。

このように自分の体に合った献立を考えてみましょうね。

以上、日焼けを食事でなんとかしたいならコレ!食べておきたい食品、栄養素でした。

Pocket

スポンサード リンク