妊婦さんを襲う腎盂炎とは?腎盂炎の症状や治療法について

スポンサード リンク

Pocket

「腎盂炎の症状はどんなものなの?」
「妻が腎盂炎なんだけど、食事で気をつけることはあるかな…」

あまり聞きなれない病気、腎盂炎(じんうえん)
症状は一体どんなものなのでしょう。

今回は妊婦さんにも多い、腎盂炎について紹介します。

  1. 腎盂炎(じんうえん)とは
  2. 腎盂炎の症状は?
  3. 腎盂炎の治療は?

腎盂炎(じんうえん)とは

腎盂炎を簡単に言うと、腎臓(じんぞう)がウイルスに感染する病気です。

腎臓は尿を排出するために必要な臓器です。
そして腎臓から作られた尿は膀胱(ぼうこう)にたまっていきます。

この膀胱がウイルス(ブドウ球菌や大腸菌など)に感染すると
膀胱炎という病気になりますが…
膀胱のみならず、腎臓の一部である腎盂にまでウイルスが侵食するのが
腎盂炎なのです。

腎盂炎の症状は?

腎盂炎の症状はさまざまですが、高熱が代表的ですね。

39度以上の高熱によって、だるさ、悪寒が発症します。
夏場でもブルブルと震えるくらいの高熱です。

他の症状は、ウイルスによって尿がにごったり尿に血が混ざったりしますね。
さらに腰痛が出てきます。ジンジンとする痛みが腰に走ります。

この腎盂炎、男性ももちろんですが女性にも多いのです。
特に妊婦さんが腎盂炎になることがあり、妊娠中に上記の症状が出るのは非常に辛いことです。

腎盂炎の治療は?

腎臓がウイルスに感染しているので、ウイルスを特定して薬を飲むことが第一です。
ここはお医者さんに診察してもらいましょうね。

また腰痛がある場合、冷シップをはりましょう。
痛みが多少やわらぎます。

そして、水を沢山飲むことも必須です。
水を飲んで尿の量を増やし、腎臓にいるウイルスを流し出すのです。
腎臓を少しでも清潔にすることが腎盂炎の治療には必要不可欠です。

ちなみにせっかく水を飲むわけですから、体にやさしい水を飲むことをオススメします。
水道水や海外産のミネラルウォーターではなく、国内の天然水が良いです。
次のような天然水がオススメですね。

それと、普段の食事も体に優しい食べ物が必要です。
アルコールは止めて、刺激物(辛いもの、添加物など)は避けるようにしましょう。

腎盂炎の治療は、少なくとも3週間以上必要ですが治せる病気です。
根気良く続けていきましょうね。

以上、妊婦さんを襲う腎盂炎とは?腎盂炎の症状や治療法についてでした。

Pocket

スポンサード リンク