意外と知らない、お風呂で体の正しい洗い方

スポンサード リンク

Pocket

「ゴシゴシ体を洗うのはダメなの!?」
「赤ちゃんが生まれたから、改めて正しい体の洗い方を知りたい!」

子供の頃、お風呂で親から教えられただけの体の洗い方
残念ながら正しい知識を持った親はほぼいません。

つまり間違った体の洗い方が浸透しているんですね。
そこで今回は正しい体の洗い方、順番、コツを紹介します。

  1. 正しく体を洗う道具って?
  2. 体を洗う正しい順番、洗い方
  3. 体を洗うときの正しい力加減

これら3つに分けて紹介します。ではでは、それぞれみてみましょう。

スポンサード リンク

正しく体を洗う道具って?

体を洗うものとして、タオル、ブラシ、スポンジなどありますね。
結論を言えば、使いやすいものでOKです。
みなさんが使い慣れたものを選びましょう。

健康志向の方は、血行よくすると言われる素材が良いでしょうね。
麻、木綿のタオルなどがおすすめです。
また敏感肌のかたは、肌に優しい絹タオルもいいでしょう。

そして汚れを落とすものとして、石鹸やボディーソープなどあります。
こちらもどちらを選んでも、問題ありませんよ。

体を洗う正しい順番、洗い方

次は、体の正しい洗い方です。

まず洗う順番ですが、心臓から遠いところから洗います。

下半身なら、足→すね→太もも→お腹
上半身なら、手→腕→肩→首

この順番で洗っていき、最後に胸を洗います。

手先や足にはツボが多く、最初にココを洗うことで血行がよくなります。
つまり心臓に負担が掛からないのです。
(いきなり心臓からだと負担大)

また洗い方ですが、クルクルと回転させながら洗っていきましょう。
体をもみほぐすイメージですね。

このとき注意して欲しいのは、力加減です。

体を洗うときの正しい力加減

体を洗う力加減を間違えてはいけません。
正しい力加減は、やさしいソフトタッチです。

力強く洗ったほうが、汚れが落ちやすいと思うでしょう。
しかし、これだと無駄に肌を傷つけ、体に必要な脂までもごっそり落としてしまいます。

「背中をゴシゴシ洗ってくれ」
昔は自分以外の方に、背中を力強く流してもらっていましたが
あんなの最悪ですからね

あくまで、やさしくソフトタッチです。

はい、いかがでしたでしょう。

まとめると次のようになります。

『あわ立てたタオルなどを、心臓から遠いところから、
やさしくクルクル回しながら洗う。』

これは子供でも年配の方でも、男性でも女性でも同じですからね。
以上、意外と知らない、お風呂で体の正しい洗い方でした、

Pocket

スポンサード リンク