血小板数の基準値は?高い(低い)とどうなる?

スポンサード リンク

Pocket

「健康診断で血小板数が『高い』って言われたんだけど…」
「血小板数が多いんだけど、正常値まで減らしたいなぁ」

健康診断の項目にある血小板数
血を止めてくれる能力を示す数値ですが、意外とよく知らない方も多いです。

ということで、基準値(正常値)はどのくらいか。
そして、基準値を外れて高い(低い)とどうなるか、を紹介します。

今後の健康のためにもチェックしましょう!

スポンサード リンク

血小板数の 基準値編

9万9000個/μL              『D:要治療、要精密検査』
10万~12万9000個/μL  『C:要経過観察、生活改善』
13万~34万9000個/μL  『A:異常なし(基準値)』
35万~39万9000個/μL  『B:軽度異常』
40万~個/μL                          『D:要治療、要精密検査』

こんな感じですね。

数値が多いほど血を止める能力が強力
数値が少ないほど能力が低い、と考えていいでしょう。

血小板数が高いと、こんな病気の可能性が

35万~39万9000個/μL  『B:軽度異常』
40万~個/μL                          『D:要治療、要精密検査』

これらに該当する方は次の病気の可能性があります。

  • ・鉄欠乏性貧血
  • ・多血症
  • ・慢性骨髄性白血病

などなど。
血小板数を調べることで、白血病の発見につながるんですね。

さて、血小板数が高いということは血を止める能力が高すぎるということです。

「血を止めてくれるなら良い事じゃない?」
と感じるかもしれませんが、血管中の血栓(かさぶた)が発生しやすい、
ということです。

つまり血管が詰まりやすいということなんですね。

なので、

  • ・脳梗塞
  • ・心筋梗塞

といったリスクが高まります。
脳や心臓の血管が詰まって死に至る』可能性が高いということなんですね。

血小板数が低いと、こんな病気の可能性が

~9万9000個/μL             『D:要治療、要精密検査』
10万~12万9000個/μL  『C:要経過観察、生活改善』

これらに該当する方は次の病気の可能性があります。

  • ・肝硬変
  • ・再生不良性貧血
  • ・多発性骨髄腫

などなど。
血小板数が低い場合、骨髄の病気の発見につながるんです。

ちなみに血小板数が低いということは、血を止める能力が低すぎるということです。
普通の人と比べて、出血量が多くなる…

つまり、貧血症になりがちになります。

対策、治療は各々の病気を治すこと

さて、血小板数が高い人も低い方も覚えて欲しいことがあります。

それは血小板数をコントロールするというより、その病気を治すということです。
仮に基準値から外れた数値が出たとしても、『入院、手術』という話ではありません。

血小板数は、あくまで他の病気の発見のための数値に過ぎないのです。
お医者さんと相談して、病気の早期発見へとつなげてくださいね。

以上、血小板数の基準値は?高い(低い)とどうなる?でした!

Pocket

スポンサード リンク