血圧の正常値は年齢別で変わるわけじゃない? 血圧診断表

スポンサード リンク

Pocket

血圧が高いって診断されたんだけど…正常値はどのくらい?」
「私は30代だけど、どのくらいが正常なんだろう…」

実は日本人の半分近くが高血圧なんですね。
健康診断でもひっかかる方は多いでしょう。

ということで、血圧はどのくらいの値が正常値なのかを紹介します。
皆さんの数値を照らし合わせてみてくださいね。

スポンサード リンク

血圧の基準値レベル 正常編

年齢別で正常値が変わるような気がしますが…

20代30代も、40代50代も血圧の正常値は変わりません。
高齢者若い方も同じです。数値は

(血圧の上である)収縮期が100~129mmHg
なおかつ
(血圧の下である)拡張期が50~84mmHg

という2つの条件を満たすことで、血圧が正常値であると判断します。
ちなみに上記の基準値のどちらかをオーバーすると、高血圧と判断されるんですね。

さて高血圧と一口に言っても、重度の高血圧や軽度の高血圧など種類があります。
それぞれ紹介します。

血圧の基準値レベル 正常高血圧編

(血圧の上である)収縮期が130~139mmHg
または
(血圧の下である)拡張期が85~89mmHg

どちらか一方でも当てはまるとアウトです。

これは通常よりちょっと血圧が高めという数値ですね。
生活習慣を改善すればなんとかなりそうです。
具体的には、塩分を控えるような食生活ですね。

一応ここまでは、まだマシと言えるでしょう。
しかし次からは残念ながら、高血圧と判断せざるを得ません。

血圧の基準値レベル まぎれもなく高血圧編

軽度(1度)高血圧

(血圧の上である)収縮期が140~159mmHg
または
(血圧の下である)拡張期が90~99mmHg

中度(2度)高血圧

(血圧の上である)収縮期が160~179mmHg
または
(血圧の下である)拡張期が100~109mmHg

重度(3度)高血圧

(血圧の上である)収縮期が180~mmHg
または
(血圧の下である)拡張期が110~mmHg

これらはどちらか一方でも当てはまるとアウトです。
このレベルになると血圧が明らかに高いと判断できます。

生活習慣の改善はもちろん、薬物治療も場合によっては必要です。
特に『重度(3度)高血圧』の方は薬物治療が必須となります。

軽度(1度)高血圧の方も安心せず、生活を見直しましょうね。

さて、日本人の男性60%、女性の45%がなんと軽度(1度)高血圧並に高いんです。

もしかしたら皆さんもそうなのかもしれませんね。
(私はそうです…)

生活習慣を改善する事が何よりも重要です。
できる範囲から取り組んでいきましょうね。

以上、血圧の正常値は年齢別で変わるわけじゃない? 血圧診断表でした!

Pocket

スポンサード リンク