『食後に飲む薬』は食事が終わってすぐ飲んではダメ!30分後が正解

スポンサード リンク

Pocket

「食後に飲む薬って、いつ吸収されるんだろう」
「ご飯も食べおわったし、食後に服用する薬を飲もうっと」

ご飯を食べ終わるや否や、食後の薬を飲み込む。
実はこの飲み方はNGなんですね。

今回は、食後に飲む薬の正しいタイミングを紹介します。

  1. 食後に飲む薬は30分後のこと
  2. 食事が終わってすぐだとダメな理由
  3. 食後30分がベストな理由

では、さっそくみてみましょう。

スポンサード リンク

食後に飲む薬は30分後のこと

レストランなどで、食後の薬を水で流し込む人がたまにいます。
実はこれって間違いなのです。

食後に服用する薬は、食後30分後に飲むのが正解です。
さて、なぜ食後すぐに飲むのはダメなのでしょう。

食事が終わってすぐだとダメな理由

食事が終わってすぐなら、食べ物がまだ消化中です。
このタイミングで食後の薬が入ると、食べ物と混ざったまま腸へ移動します。

つまり不純物だらけの薬を飲んでいることになるんですね。
当然、薬の吸収率も悪くなります。

これが食後30分経つとどう違うのでしょう。

食後30分がベストな理由

30分も経過すると、食べた食べ物は腸へと移動しています。
このタイミングで薬を飲みましょう。
胃に余計なものが無いことで、薬が吸収されやすくなっています。
そして食べ物との化学変化もしにくいので、吸収率もベストです。
(薬の一部は、食べ物の栄養と化学変化を起こして正常に吸収できません)

また食事をしたことで一時的に血糖値があがっています。
つまり、血の巡りがよくなっているので、薬の成分も効率よく血液に流れるわけですね。

はい、いかがでしたでしょう。

『食後の時間』はお医者さんにとってはあたりまえなので、
いちいち言わないケースが多いです。
なので私たちが正しい知識を持つ必要があるんですね。

以上、『食後に飲む薬』は食事が終わってすぐ飲んではダメ!30分後が正解でした。

Pocket

スポンサード リンク