「難聴とは?」難聴には2種類ある!原因と対策を覚えよう

スポンサード リンク

Pocket

「最近聞こえがわるいんだけど、もしかして難聴?」
「難聴とは一体なにが原因なの?」

お年寄りから若い人まで、意外と悩まさられる病気、難聴。
実は種類があって、原因もちがうんですよ。

ということで、今回は難聴について紹介します。

  1. 難聴とは?
  2. 難聴の原因その1 老化
  3. 難聴の原因その2 ストレス

では、さっそくいってみましょう。

スポンサード リンク

難聴とは?

簡単に言うと、音が聞きづらいのが難聴です。
(聞こえなくなるわけではありません)

耳には…

  1. 音を拾う『外耳』
  2. 拾った音を脳へ信号として送る『内耳』
  3. 外耳と内耳をつなぐ『中耳』

という3つの構造になっており、このどこかに異常があると難聴になります。
そして難聴にも2種類あります。

音量が小さく感じるのが『伝音難聴』(外耳、中耳の異常)
音が判別できにくい(何を言っているかわからない)『感音難聴』(内耳の異常)

では難聴の原因は何なのでしょう?
難聴の原因は2種類あります。

難聴の原因その1 老化

難聴の原因といえば、まず耳の動脈硬化です。

『お年よりは耳が遠い』といわれますが、耳の血管がつまり
栄養や酸素が行き届かなくなる。
さらに、加齢による聴覚神経の老化が合わさり難聴となります。

この動脈硬化(老化)による難聴は治療がむずかしく、治りにくいのです。

そうならないためにも、日頃から食事や運動に気を使い、
動脈硬化を防ぐことが重要なんですね。

難聴の原因その2 ストレス

ストレスや疲労によって音が聴こえにくくなるケースもあります。

特に音量大きめで音楽を聴いたりしていると、耳が疲れます。
その結果、難聴になるわけですね。

この場合、ストレスや疲労を回復すると、聴こえもよくなります。
そして日頃のヘッドフォンの音量もほどほどにしましょう。

はい、いかがでしたでしょう。

スマホやパソコンで音楽を聴くことが多くなり、若い方が難聴になるケースも出てきます。
正しい知識を身につけて、難聴から耳を守りましょうね。

以上、「難聴とは?」難聴には2種類ある!原因と対策を覚えようでした。

Pocket

スポンサード リンク