子供の熱中症対策の基本は2つのポイントで!

スポンサード リンク

Pocket

外や野外で元気に走り回る子供達。

今年は暑い日が多いので、わが子の熱中症には気をつけたいものです。

ということで、今回は子供にやってあげたい熱中症対策を簡単に紹介します。
難しいことは無く、2つの簡単なポイントを押さえておけばOKですからね。

スポンサード リンク

子供の熱中症対策の基本ポイント

基本的に

・直射日光をさけて体温上昇を避ける
・小まめに水分(スポーツドリンク)をとる

この2つが大前提になります。
大人も同じですね。

さて、子供に「○○をしなさい!」熱中症対策を教えても
たいてい忘れるものです。

なので、別に強制しなくても私達が出来ることで対策していけばOKです。

子供の体温上昇を抑えるために出来ること

帽子をかぶせる。
ギンギンに日差しが強い時は、体温の上昇度もかなりのものです。
特に頭部は黒髪なので高熱になりやすいものです。

なるべく帽子をかぶせてあげましょう。

・服装は黒を避けて明るい色を。
黒は熱をもちやすく、夏の服装としてはおすすめできません。
(真夏の黒い車のボンネットを思い出してください)

できれば明るいカラーの服装がいいですね。

冷え冷えタオルを持たせる。

熱中症対策グッズとしてこんなものがあります。
体温を下げるタオルなんですよ。



これを水にぬらすだけで、ひんやりとした冷感が得られます。
子供たちも普通のタオルでは無く、こういったグッズをあげると喜びますからね。
チェックしておきましょう。

小まめに飲み物(水分、スポーツドリンク)をとらせてあげる

「暑い~」
と言いながら冷蔵庫のキンキンに冷えた麦茶を一気に飲み干す。
夏のよくある光景ですね。

…実はこれだけではダメなんです。

人間は汗をかくと水分はもちろん、ナトリウムなどの電解質も失われるんです。
いわゆる塩分です。汗ってしょっぱいですよね?

水や麦茶は塩分が入っていないので、塩分の補給も重要なんです。
なので塩分補給として塩キャンディーなどをあげると良いですよ。

また、スポーツドリンクなら初めから塩分やアミノ酸など
入っているのでオススメですね。

以上、子供の熱中症対策の基本は2つのポイントで!でした。

おさらいですが熱中症対策のポイントは…
・直射日光をさけて体温上昇を避ける
・小まめに水分(スポーツドリンク)をとる

ですからね。

Pocket

スポンサード リンク