夜なかなか寝付けない時は、4つの睡眠環境をチェック

スポンサード リンク

Pocket

「最近寝付けなくて寝不足気味なんだねぇ…」
「朝早いのに、なかなか寝付けないよー」

一年に何回かは経験する寝付けない日。
意外とストレスになりますよね。

そんな時は睡眠環境を見直して見ましょう。
今回紹介する4つのポイントをチェックしてみてください。

  1. 夜ご飯を食べる時間
  2. 寝付きやすい照明の明るさ
  3. 寝付きやすい室温
  4. ぐっすり睡眠を引き寄せる飲み物

さて4つを見る前にお昼寝二度寝しないことが前提ですよ!
中途半端に目が冴えますからね。

スポンサード リンク

寝付けない時 1.夜ご飯を食べる時間

まず夜ご飯を食べる時間が重要です。
寝る2~3時間前に済ましましょう。

というのも、寝る直前だと胃が活発に動いて眠気を飛ばしてしまうのです。
かといって食べるのが早すぎると、空腹を感じて眠気が来ません。

ベストは寝る2~3時間前なんですね。

寝付けない時 2.寝付きやすい照明の明るさ

部屋が明るいと眠気が覚めます。
また、寝る前にテレビやパソコン画面を見ていても明るさの為、目が覚めます。
(テレビやパソコンって暗闇で結構光りますよね。)

では、暗闇が良いかというとそうではありません。
意外と暗闇は眠くならないんです。

ベストは薄明かりです。
豆電球くらいの間接照明をフワッっとつけておきましょう。
(具体的には30ルクス程度)

薄明かりの中、ボーっとしていると自然と眠くなりますよ。

寝付けない時 3.寝付きやすい室温

温度も重要です。
暑苦しい、こごえる寒さは睡眠に適しません。

ベストはどのくらいかというと、
温度20度、湿度60%くらいが良いとされています。

また季節によりますが、夏は頭部を冷やして、冬は足を温める。
これで格段に眠りにつきやすくなります。

寝付けない時 4.ぐっすり睡眠を引き寄せる飲み物

寝る前にあるものを飲むと、良い感じに寝れますよ。
それはホットミルクです。

牛乳に含まれるカゼインという成分。
これは快眠効果があるとされているんですね。

また牛乳には、カルシウム、たんぱく質が含まれており、
これらも睡眠中の体にとって嬉しい成分です。

ということで、寝る前に一杯のホットミルクを飲んでみましょう。

はい、いかがでしたでしょうか。おさらいしますと…

  1. 夜ご飯は寝る2,3時間前
  2. 豆電球くらいの薄明かり
  3. 室温20度、湿度60%
  4. 寝る前に一杯のホットミルク

全部は難しいでしょうが、できる範囲で取り入れてみてください。

そしてもう一度言いますが、お昼寝、二度寝はしないでくださいね。

以上、夜なかなか寝付けない時は、4つの睡眠環境をチェックでした。

Pocket

スポンサード リンク