ニキビ跡の赤みを消すなら、このアイテム!早く治すならコレ

スポンサード リンク

Pocket

「ニキビは治ったんだけど、赤みが残るニキビ跡になっちゃった…」
「皮膚科で薬をもらったほうがいいのかな?レーザー治療も必要?」

ニキビが治っても油断できないニキビ跡。
これがあると、化粧が面倒になりますよね…

そこで今回は、ニキビ跡の赤みについて紹介します。

  1. 赤いニキビ跡はまだなんとかなる。
  2. ニキビ跡の赤みを治すアイテム1 ビタミンC誘導体の化粧水
  3. ニキビ跡の赤みを治すアイテム2 イオン導入機
  4. ある程度の期間は必要、継続は力なり!

スポンサード リンク

赤いニキビ跡はまだなんとかなる。

ニキビ跡と一口に言っても、何種類かあります。
赤みが残ったり、クレーターになったり、こげ茶のシミになったり…

その中でも赤みが残るニキビ跡は、まだ軽い段階です。

ニキビ跡が重症になるとクレーターのようなデコボコになりますからね。
(ブラマヨの吉田さんのような感じです。)

クレーターのような物であれば皮膚科の薬やレーザー治療も必要です。
ですが赤みならば軽いので、セルフケアをしっかりすればなんとかなります。

ということで次は、赤みのあるニキビ跡を消すコツを紹介します。
お悩みの方はぜひやってみてください。

ニキビ跡の赤みを治すアイテム1 ビタミンC誘導体の化粧水

洗顔後にビタミンC誘導体を配合した化粧水を使ってください。
シミやシワにはもちろん、ニキビ跡の赤みにも有効です。
(ビタミンC誘導体は厚生労働省が認めています)

ビタミンC誘導体は肌に浸透して、ビタミンCに変わる性質があります。
そしてビタミンCはコラーゲンの生成を促進して、肌細胞をリフレッシュする役割をもっています。

つまり、洗顔後にビタミンC誘導体の化粧水をつけることで、
肌内部に浸透してビタミンCとなり、肌を健常に保ってくれるわけです。

肌の内部にある、ニキビ跡の赤みもケアしてくれますよ。
そんなニキビ跡の赤みに嬉しい、ビタミンC誘導体を配合した化粧水は次の通りです。

以下から選ぶといいでしょう。

まずは2ヶ月。ビタミンC誘導体で正常な肌へ【健肌の源】一番人気!

本来の素肌を手に入れる【ライズスキンパウダー】

ニキビ跡の赤みを治すアイテム2 イオン導入機

早く治すのであれば、イオントリートメントも行いましょう。
イオン導入機というものがあるのですが、これもビタミンCを肌に浸透させてくれるものです。

シワやシミにお悩みの方に注目されていますが、
ニキビ跡の赤みでお悩みの方も覚えておくべきアイテムなんです。
私のおすすめはコレですね。

見た目年齢を変えるイオントリートメント【ビオールダイヤモンド】

化粧水とコレのダブルで、ニキビ跡の赤みは格段に早くケアできます。

ある程度の期間は必要、継続は力なり!

とはいえ、ニキビ跡の赤みは完治まで時間が掛かります
自然な状態でも数年は残るものなのです。(長いと10年ほど!)

今回のケアをしても、それなりに時間はかかると覚えておいてください。
なかなか結果が出ず、あきらめてしまうかもしれません。

しかしケアをしないと、もっと時間がかかるのです。
継続が大事なので根気良く続けてみてくださいね!

以上、ニキビ跡の赤みを消すなら、このアイテム!早く治すならコレでした。

Pocket

スポンサード リンク