尿失禁の原因と、日常で出来る尿失禁対策

スポンサード リンク

Pocket

「最近、尿がもれちゃうんだよなぁ…」
「尿失禁の対策がしりたい!」

いざ自分がかかると、ショッキングな尿失禁。
実は尿失禁には、ある原因があります。

今回は尿失禁の原因、対策について紹介します。

  1. 尿失禁の主な原因
  2. 尿失禁対策の運動

では、さっそくいってみましょう。

スポンサード リンク

尿失禁の主な原因

なぜ尿失禁が起きるかというと、
尿を溜める膀胱(ぼうこう)に余計な負担がかかるからです。

余計な負担が掛かるために、筋肉が疲れてしまい弱ってきます。
その結果、尿失禁となります。

弱っているので、せき、くしゃみ、重い荷物を持つといった、
体への軽い負担でも尿が漏れてしまいます。
高齢者の方に多いですよね。

さて負担をかける原因としては肥満、便秘です。
特に、尿失禁で悩むかたは肥満気味という人が多いのです。

他にも女性で、出産によって尿道の筋肉が弱まるケースもあります。

さて、尿失禁の対策はどうすればいいのでしょうか。
肥満や便秘の解消はもちろんですが、次の運動をお試しください。

尿失禁対策の運動

まず腹筋、背筋を鍛えることが有効です。
運動不足の方はここから始めましょう。

そして尿道付近の筋肉を鍛えることも重要ですよ。

やり方ですが、まず肛門をギュッっと締めます。
さらに尿道、膣あたりをギュッと締めてください。
それを5秒キープ。おわったら力をゆっくりゆるめます。
これを20回繰り返しましょう。

以上を1セットとして、1日4セットほど繰り返すことで、良い尿失禁対策となります。
3ヶ月くらいは継続してくださいね。

はい、いかがでしたでしょう。
尿失禁でお悩みの方は参考にしてみてくださいね。

症状がよくならない場合は早めに泌尿器科へ行きましょう。
以上、尿失禁の原因と、日常で出来る尿失禁対策でした、

Pocket

スポンサード リンク