冷房病の症状、対策は? 治し方を覚えて夏バテを乗り切ろう!

スポンサード リンク

Pocket

夏バテと一口に言っても様々な原因があります。
中でも、最近多いのが冷房病なんですね。

ということで今回は、現代人の天敵である冷房病について紹介します。

  1. 冷房病とは?
  2. 冷房病の症状
  3. 冷房病の対策、予防
  4. 冷房病の治し方、治療

以上の4つに分けて紹介します。では、さっそく見てみましょう。

スポンサード リンク

冷房病とは?

冷房病を簡単に言うと、『温度差による夏バテ』です。

昔の夏バテといえば、暑さ塩分補給が出来ない事による食欲不振などでした。
(汗をかいた場合、水を飲むだけではいけませんからね。)

今はクーラーが普及していますよね。

外は30度を越える気温だけど、クーラーの効いた屋内は20度前後。

この急激な温度差によって、血管が激しく収縮します。
そして血管が温度変化についていけなくなると、血管が伸びたまま(あるいは縮んだまま)になります。

これが冷房病です。
では冷房病になると症状はどうなるのか、次をみてください。

冷房病の症状

冷房病の症状として、だるさ、頭痛が一般的でしょう。
また重度の場合は悪寒、めまい、夏風邪などの症状も出ます。
さらに女性だと生理不順も症状として現れます。

まさしく夏バテの症状ですね。
では、冷房病の対策はどうすればいいのでしょうか。

冷房病の対策、予防

対策として、『急激な温度変化』をしないことが重要です。
なので以下のポイントを押さえておきましょう。

  1. 外と室内の気温差を5度以内にする
  2. クーラーの冷風に直接あたらない
  3. 汗をふき取り、体が冷えすぎないようする

熱中症も怖いですが、適切に体温を調節しないと冷房病になりますからね。
次は冷房病の治し方、治療についてです。

冷房病の治し方、治療

冷房病にかかったらどうすればいいのでしょう。
基本的に、体を温める食べ物が有効です。

現在ならショウガがベストでしょう。
体調不良の漢方として有名ですが、冷房病にもショウガはオススメです。

新陳代謝を高め体を温めてくれるので、悪寒を感じる冷房病にぴったりなんですね。
はちみつショウガ、ショウガ湯、ショウガ配合の漢方薬など探してみましょう。

はい、いがかでしたでしょうか。

便利なクーラーですが使い方を間違えないようにしましょうね。
以上、冷房病の症状、対策は? 治し方を覚えて夏バテを乗り切ろう!でした。

Pocket

スポンサード リンク