セロトニンの効果やサプリを紹介、セロトニン不足は良くないので増やすようにしましょう

スポンサード リンク

Pocket

美容健康に気を使っている方ならばセロトニンという言葉を聞いたことがあるでしょう。ただしセロトニンを聞いたことはあっても、具体的にどういうものなのか、不足するとどうなるのか、増やすにはどうすればいいかということまで知っている方は多くありません。

よりセロトニンのことを知れば人生に役立つと思いますので、ぜひセロトニンを活用してみてください。

今回はセロトニンの効果サプリメントなどについて紹介します。

スポンサード リンク

セロトニンの効果は…睡眠状態から体を活動モードにする効果があります

セロトニンの効果は人間の脳と体を、睡眠状態から覚醒状態にする効果があります。要は寝ているオフの状態から、起きて活動するために脳と体をオンにする効果なのです。

セロトニンは基本的に朝の日の出くらいから分泌が活発になります。そして十分なセロトニンが脳から分泌されると「朝かぁ。今日も一日を頑張るぞ!」という具合に目が覚めて活動モードになります。

このようにセロトニンは体を覚醒させる効果があり、朝の眠気を覚ましてくれる脳内物質なのです。

セロトニンが不足、欠乏すると…鬱っぽくなったり

ではセロトニンが不足、欠乏するとどうなるのでしょうか。

セロトニンが不足欠乏すると朝寝坊しやすくなり、朝が起きられない…といった状態になります。朝が苦手という具合になります。脳と体を覚醒モードにさせる脳内物質が不足するわけですから当たり前ですね。

その結果、睡眠障害になったりうつっぽくなったり、キレやすくなったりします。

「私は生まれつき朝が苦手で…」なんてことをいう方がいますが、生まれつきなんてことはありません。セロトニンが不足するような生活習慣をしているからそうなっているだけです。

朝快適に起床するためにセロトニンを増やす生活にすればいいのです。

セロトニン 増やすには?食事や眩しい光を浴びましょう

ではセロトニンを増やすにはどうすればいいのでしょうか。

セロトニンを活性化させるには簡単に言うと3パターンあります。これらすべてを満たす必要があります。

1.日光など眩しい光を浴びる
2.体をリズミカルに動かす
3.食事でセロトニンの元になる栄養を摂取

1.日光など眩しい光を浴びる

1の”日光など眩しい光を浴びる”ことが何よりも大事です。
具体的に言うと2,500ルクス以上の眩しさを5分以上浴びることが必要です。
2,500ルクス以上というのは、明るい太陽の眩しさくらいです。

蛍光灯は100~200ルクスと言われていますので、部屋の明かりではセロトニンは増えません。どんなに明るい蛍光灯でも500ルクスくらいですので、眩しい光とは程遠いですね。そして太陽の朝日が毎日でるとも限りません。曇りや雨の日は太陽光が不足していますのでこれまたセロトニンの分泌は難しいです。

毎日確実に光でセロトニンを増やすには次の方法がいいでしょう。

それは光目覚ましを使用する方法です。専用の光目覚ましは、天気に関係なくセロトニンを増やすための光量を出してくれます。2,500ルクス以上の光量を確実に照射してくれるのです。

さらに光目覚ましは目覚まし時計ですので、起きたい時間をセットしておけばその時間に合わせて自動で光を提供してくれます。音の目覚ましだとセロトニンが分泌されませんが、光目覚ましなら科学的に効果がありますので非常におすすめですね。

2.体をリズミカルに動かす

2の体をリズミカルに動かすのも大事です。
先ほどの光を浴びるのは車のエンジンのようなもので、あくまでスタートにすぎません。アクセルを踏んでセロトニンをより分泌するためには体をリズミカルに動かす必要があります。

リズミカルといっても難しいことはなく歩いたり階段を登ったり、スクワットのような一定のリズムで体を動かすことならOKです。ご飯をかんで食べるようなこともリズム運動です。朝ごはんを食べることはセロトニン分泌を活性化させます。噛んで食べるのが大事ですので、ゼリー飲料や栄養ドリンクといった噛まないものではダメです。

3.食事でセロトニンの元になる栄養を摂取

よく噛んで食べることにもつながることですが、食事も大事です。

セロトニンを活性化させるには、セロトニンを作る材料(栄養)が必要です。そもそも生成する材料(栄養)がないと活性化できませんからね。その材料(栄養)はトリプトファンと呼ばれます。聞いたことがあるでしょうか。

トリプトファンを含む食事といえば、ホットミルク、豆乳、大豆、お米、チーズなどの乳製品です。食事として摂取しておきましょう。

なかでも豆乳がおすすめですね。ホットミルクなどの乳製品とくらべてトリプトファンを数倍含んでいます。ですのでコップ一杯の豆乳でトリプトファンを十分に補給できます。ちなみにトリプトファンは沢山摂取しても余分な栄養は排出されますので、「セロトニンを活性化するため…」沢山飲んでも無意味です。必要十分量だけのみましょう。

それとトリプトファンはビタミンB6と一緒じゃないとセロトニンに合成されません。ですのでビタミンB6も摂取しましょう。

ビタミンB6はピスタチオ、魚の赤身、ピーナッツ、にんにく、バナナなどに含まれています。

セロトニンのサプリメントを紹介、トリプトファンとビタミンB6を配合しています。

セロトニンのサプリメントをお探しの方も多いでしょう。セロトニンのサプリメントなら、セロトニンの材料となるトリプトファンとビタミンB6を配合したサプリメントを選べばいいです。

トリプトファンとビタミンB6は、睡眠系の一部のサプリメントに配合されているようです。
いろいろ調べると次のようなサプリメントがありました。

マインドガードDX

マインドガードDX粒タイプ

リラクミン



睡眠サプリということで、寝る前に飲みます。すると寝ている間にトリプトファンとビタミンB6が体に吸収されて、セロトニンが合成可能な状態になります。あとは起きる際に2,500ルクス以上の光を5分以上浴びて、リズム運動などをすればカンペキです。

もちろん寝る前ではなくとも、日中にサプリメントを飲んで太陽のもとリズム運動をすればセロトニンが合成可能です。
勘違いしないで欲しいのは、サプリメントだけではセロトニン合成は無理ということです。
しっかりとどうすればセロトニンが活性化するか覚えておきましょう。

そしてセロトニンをうまく活用して、朝の寝起きのスタートダッシュを身につけてみてください。デキる人は朝型、なんて言葉がありますがセロトニンをうまく活用すれば誰でも可能なのです。

セロトニンのまとめ

はい、ということでまとめますと

・セロトニンの効果は、睡眠から起きる(覚醒)ための効果をもたらしてくれる
・セロトニンが不足欠乏すると鬱っぽくなったり、キレやすくなったり、朝が苦手になる
・セロトニンを増やす (活性化)させるには以下のすべてが重要
1.日光など眩しい光を浴びる
2.体をリズミカルに動かす
3.食事でセロトニンの元になる栄養を摂取
・セロトニンのサプリは、トリプトファンとビタミンB6配合を選ぶ。

という具合です。

ちなみにセロトニンをしっかり作るといいことがあります。セロトニンはメラトニンの材料となっており目覚めを良くすることは、結果的にいい睡眠を取ることにもつながるのです。

セロトニンの効果やサプリを紹介、セロトニン不足は良くないので増やすようにしましょう

快適な一日にするためにも、セロトニンをぜひ活性化させてみてください。

Pocket

スポンサード リンク