基準値を見て学ぶ、総コレステロールとは?下げるには?

スポンサード リンク

Pocket

総コレステロールが高いって言われたんだけど、下げるにはどうすれば…」
総コレステロールとは一体なんなんだろう?」

健康診断にて、なにやら重要そうな総コレステロール
コレステロールは聞いたことありますが、そもそもどういうものなんでしょう。

そこで今回は総コレステロールについて紹介します。

  1. 総コレステロールとは?
  2. 総コレステロールの基準値
  3. 総コレステロールを下げるには…

以上の3つに分けて紹介します。それでは、順に見て行きましょう。

スポンサード リンク

総コレステロールとは?

そもそもこの検査は動脈硬化を見る検査です。
血管が詰まって死なないよう、注目する数値なんですね。

そしてコレステロールとは血中を流れる脂肪の一種です。

コレステロールは細胞膜の原料として、
また様々なホルモンの原料として使われます。

総コレステロールは、何種類かあるコレステロールの総数なんです。

コレステロールは体にとって重要なものなのですが、
数が多すぎるのも問題なんですね。

ではどのくらい多いと問題なのか。
次の総コレステロールの基準値を見てみましょう。

総コレステロールの基準値

~139mg/dL           『D:要治療、要精密検査』
140~199mg/dL   『A:異常なし』
200~219mg/dL   『B:軽度異常』
220~259mg/dL   『C:要経過観察、生活改善』
260~mg/dL           『D:要治療、要精密検査』

140~199という範囲が基準値ですね。
低いのも問題ですが、やはり高いほうがもっと問題です。

このまま数値が高いままだと心筋梗塞のリスクが高まります。
(心筋梗塞とは血管が詰まって突然心臓が止まる、突然死です。)

数値が高い方は早急に数値を下げる必要があります。
では、総コレステロールを下げるにはどうすればいいのでしょう。

次で紹介します。

総コレステロールを下げるには…生活を改善する。

生活の乱れを改善する。
これだけで総コレステロールを基準値まで下げる事は可能です。

食事運動の2パターンを変えましょう。

食事は…

  1. 食事はとにかく食べ過ぎない。
  2. 寝る前に食べるのをやめる。
  3. おやつを控える。

など、これまでの暴飲暴食を控えましょう。

そして運動も重要です。
ウォーキングでいいので、軽い有酸素運動を毎日30分以上。
可能な限り毎日です。

この食事と運動を習慣にすると、自然と総コレステロールは下がります。
全然難しくないので、今日を機に実践してみてください!

以上、基準値を見て学ぶ、総コレステロールとは?下げるには?でした!

Pocket

スポンサード リンク