小学校の入学祝いを「あげるには?」「もらったら?」そんなときの基本編

スポンサード リンク

Pocket

「うちの子が小学校に入学することになったんだよねー」

おめでたいお知らせと共に、ちょっと悩むのが入学祝い。

初めてだとわからないので心配になるかもしれませんが、
別に難しいことではないので、この際に覚えておくと良いでしょう。

スポンサード リンク

入学祝をあげる編

いつ入学祝をあげる?

一応、入学式の2週間前くらいにあげる(届く)ようにすると良いでしょう。
でも時期はあまり気にしなくて良いかもしれません。
私は友人の子供だったので、特に気にすることなく入学式の1週間前くらいに送りました。

小学校の入学祝で喜ばれるものは?

保育園や幼稚園とはまた異なり、小学校はいろんな物が必要になります。
なので小学校で必要なものを送ると好評ですね。

例えば

・ハンカチ
・文房具
・図鑑、国語辞典
・小学校低学年向けの絵本

などでしょう。

あとはもっとも嬉しくて、喜ばれるのは

図書カード
文具券

といったものです。
使い勝手が良く、貰って損はないですからね。

小学校入学祝いの相場

だいたい5,000円が一般的のようです。
親戚の子供であれば~10,000円くらいもあれば良いでしょう。

ちなみに私の場合は、友人に1万円の図書カードをプレゼントしました。
とても好評でしたね。

入学祝をもらったら編

さて、次は入学祝いをもらった編です。

小学校の入学祝のお返しは?

基本的には品物でのお返しは不要です。

入学祝をいただいたら、電話や手紙でお礼をするくらいで大丈夫です。
入学式に撮影した写真とお礼のメッセージでも良いでしょうね。

ちなみに、電話であれば子供本人からの
「ありがとう」という言葉も添えてお礼するのがベストです。

どうしても品物でお返しをしたいというのであれば、『お菓子』でのお礼が一般的です。
その時は、子供の名前にて贈るのがいいですね。

以上、私の経験を踏まえた、小学校の入学祝いの基本的な事でした。
みなさんの参考になればと思います。

Pocket

スポンサード リンク