歯ブラシ歯磨き粉でできる、知覚過敏の対策予防

スポンサード リンク

Pocket

知覚過敏かな?冷たいアイスを食べると歯が染みるんだけど…」
「あつあつラーメンを食べると歯が痛いんだよな~」

もし虫歯でないなら、知覚過敏を疑うべきですね。
意外と日本人に多い知覚過敏ですが、対策方法はちゃんとあります。

もしかしたら、原因は普段の歯磨きにあるのかも…

というわけで、今回は簡単にできる知覚過敏対策を紹介します。
これを機に覚えていってくださいね。

スポンサード リンク

歯が染みる知覚過敏とは?原因は?

知覚過敏を簡単に言うと『歯の神経を守るバリアが削れている』ということです。

歯にはエナメル質のバリアがあるのですが、それが何らかの原因で削れてきているんですね。
そして歯の神経がむき出しになることで、冷たいもの、熱いものが染みるわけです。

ちなみに、基本的にはエナメルのバリアは再生されるものです。
つまり、知覚過敏が気になるならバリア再生の手助けをしてあげるといいのです。

今回紹介するのは「なんだか染みるなぁ~」程度の方向け対策です。
あまりに痛くて我慢できない方は、素直に歯医者さんに診てもらいましょう。

歯ブラシ歯磨き粉でできる、知覚過敏の対策予防

・歯磨き粉をフッ素入り、または知覚過敏用の歯磨き粉に変える

歯磨き粉の種類によっては、歯のエナメル質を削ってしまうものがあります。
なので、家の歯磨き粉を見直してみましょう。

歯磨き粉の選び方ですが、フッ素入り
もしくは『知覚過敏用』とうたっている商品を選んでください。

若干高価ですが、使い続けることで徐々に知覚過敏も改善されていきます。

・歯磨きの力加減を弱くする

「歯を綺麗にしたいから、力をいれてゴシゴシ」ということは絶対止めてください。
歯のエナメルが削れる原因になります。

歯磨きの力加減は歯に軽く当たる程度で良いです。
そのかわり回数を多くしましょう。

やさしく触れる程度の力加減で、シャコシャコ磨きます。
電子歯ブラシなら一分で数百万回のスピードを出せますので、おすすめですよ。

今回紹介したのは簡単にできる知覚過敏対策でした。
もし重症であれば素直に歯医者さんに診てもらいましょうね。

他にも歯ぎしり歯のかみ合わせ歯槽膿漏
精神的ストレスなどでエナメルが弱まるとされています。

心当たりがある方はそちらも改善して言ってくださいね。

以上、歯ブラシ歯磨き粉でできる、知覚過敏の対策予防でした!

Pocket

スポンサード リンク