「それヤバイかも…」突然死を招く悪習慣と対策を押さえよう!

スポンサード リンク

Pocket

ある日突然襲ってきた胸の痛み。
原因もわからぬまま救急車を呼ぶも、そのままお亡くなりに。

いわゆる突然死です。
非常に恐ろしいのですが、実はある習慣が引き起こしているのではないか?
医学の世界ではいくつかの習慣条件危険因子として認識されています。

突然死を招く悪習慣を押さえておきましょう。

スポンサード リンク

そもそも突然死の原因って?

突然死とは、『症状が発生してから1時間以内に死に至る』のが突然死です。
例としては、胸が痛み出して30分で亡くなる、ということですね。

原因はいろいろありますが、日本人で一番多い突然死の原因。
それは心筋梗塞です。

日本人突然死の多くは心筋梗塞

一度は耳にしたことがある心筋梗塞
簡単に言うと『体にとって大事な血管が詰まって心臓が止まる』ということです。

突然死ってなにも原因不明の、死神のような力が働いているわけではないんですね。
対策として、ようは血管がつまらないよう心がければ良いんです。
(ちなみに血管がつまるのを動脈硬化と言います。)

動脈硬化をもたらす習慣を理解して、悪習慣を改善していく。
そうすれば、突然死のリスクを減らすことが出来そうです。

突然死を招く悪習慣と対処法。

動脈硬化(ひいては突然死)をもたらす、危険因子としては次の習慣があります。
該当するものがあれば、改善していきましょう。

・運動不足
運動不足は後述する、血糖値高血圧につながりますからね。
運動が苦手な方は歩くことから始めてみましょう。

・高血圧、高コレステロール体質。
レトルト食品スーパーの惣菜コンビニ食品を買うのが習慣になっている方は要注意ですよ。
意外と塩分や油が入っていますからね。

やはり塩分や脂質を控えることが基本になります。

・血糖値が高い、糖尿っぽい。
ビールパンご飯どか食いは控えましょう。
砂糖入りのジュースポテチ系をおやつで食べる習慣も危険です。

糖質を控える食事がベストですね。
こちらの記事もどうぞ。
「血糖値を下げる」食事は?

主だった危険因子はこんな感じですね。

他も気になる方は『家庭の医学』などを見てみると良いですよ~。

以上、「それヤバイかも…」突然死を招く悪習慣と対策を押さえよう!でした。

Pocket

スポンサード リンク